早くも堕ちた、若禿げの鬱日記

22歳にして人生堕ちました。 ここはそんな禿げの、毎日の鬱っぷりを晒して行く場所です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

とりあえず生きてます。

おひさしぶりです。
生きてます。
見ている人はどれくらい居るのか分かりませんが。

現在は社会人5ヶ月目に入っています。
未だに引っ越した時のままで、部屋は整理できていません。
今週はお盆休みです。

仕事のほうは7月から本は遺族になりましたが、
やりたかったことと違い、腐っている自分が居ます。
大学の専門に近いところに入れられてしまったが、
傍から見れば順当な配属なのだろう。
大学の研究室配属の時から、逃げていたというのも一つの原因、
面接でもっと強く希望を言うべきだったという思いもある。

今後どうして行くか、悩んでおります。
仕事だと割り切ることも出来るのだろうけど。
お金もらっているという点で学生とは違うわけだし。

異動希望届けみたいなのを出してみるか。。
そんなのを聴取する機会があったと聞いたが。
しかしながら、そんな事、まわりで全く聞いたことがない。
特に課間の異動など。出来ても課内での異動だろう。

今の仕事は面白くはないけど、かといって手は抜けない仕事なので、
気持ちの整理は難しい。
「仕事だ」と割り切る事が唯一の支えとなっている。

甘言であり、仕事があるだけ、マシだと分かってるが、
上を見てしまう。キリのない上を。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/10(月) 10:33:25|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

6/4

ご無沙汰しております。
もう6月ですね。
季節としては梅雨でしょうか。

近況として1ヶ月以上前に、職が決まりました。
落ち着くところに落ち着いたかなと思う一方で、不完全燃焼な就職活動でもありました。
その原因は私の後ろ向きな姿勢にあるのですが。
いやいややってましたので。この私が面接なんて上手いわけが無いですし。
アピールポイントなんて何も無い、人物像としては酷いものです。
社会に求められる人材ではないでしょう。
企業の話し聞くのは楽しかったんですけどね。

活動中に、行きたい業界がいくつか出来たのだが。
今のところは本当は向いていない事を自分の中で誤魔化し、隠してきて、尚更、禍根が残る状態で。
正直になれなかった。意地を張って、無理して、周りを気にして。←バカらしい事ですね。
それで、その行きたい業界に本気になれなくて。
そして今のところに決まってしまった安堵も手伝って、真剣に考えようとしなかったというのもあった。
自分の優しさを情けなく思い、自分もまたNOと言えない人間である事を感じました。
今のような辛さを感じて行くのだろうと思うと、来年からやっていけるかどうか不安です。

良く分からん文章ですいません。
  1. 2008/06/04(水) 18:07:09|
  2. 未分類
  3. | コメント:1

2/4

映画とか、ドラマとかアニメ、いろいろ観るにしても、今まではその、絵のほうを優先して選んできた。ストーリーが少しくらいへぼでも、映像美とか、グラフックが凄ければそれが素晴らしい作品の判断基準だった。作品を少しみて、好みの絵じゃなければ、気にも留めなかった。
しかし最近は、そのストーリーの面白さに気づいてきた。素晴らしいストーリーってあるものですね。絵が良いと思わなくても、ストーリー紹介で好みの話ならば、観てみようかなと思えることがあるようになった。
いじょう、それだけです。思いのまま、急ぎ書いてみたので文章が下手すぎて、うまく伝えれてないけど。
  1. 2008/02/04(月) 00:36:37|
  2. 未分類
  3. | コメント:1

1/29

じぶんは家庭狂信バイトをしている。
最近、受験者の立場に再び立つことで、教えている生徒たちの気持ちが分かった。
今更遅いけども。

やはり、コツなどをつかむものであると。
自分が受験する立場になったとして、分からない問題我出るとすれば、やはり、自分の知っている知識で、なるべく選択肢を絞り、それからは、微かな、便りの無い、あいまいな知識をよりどころにして、勘で答えることになる。
私の教えていた方法は、そんなことはお構いなしに、時間がたっぷりあって初めて意味があるものだった。それでは試験では点数に結びつかない。本番で知識をどれだけアウトプットできるか、吐き出せるかである。基礎力があっても時間が無くてその力を出し切れないのでは受験では勝てないのだろう。点数は理解さえすれば取れるモノではないのだ。

あるいは傾向や対策をつかむこと。
過去問は傾向や対策を感じ取ることが第一の目的である、。それが解ける解けないも確かに大事ではあるが。やはりどのような問題が出ていて、どのような問題は出ていないか。それが大事なのだろう。

私はこういうことをこれまでないがしろにしてきた。自分が受験の時も、この理由で苦労したのだろうと、今更ながら思う。自分が生徒の立場だったら、自分の教え方は受けたくないなぁと。

しかし生徒たちは、自分たちでどこが出るのかを、考えて勉強しているようだった。自分なんかよりずっと賢いなと感じた。私の教え方を不味いと感じ、どうしたら最善かを自主的に探して行動したからだ。その様子を見ながら、本来は自分がしてやらないといけないことなのだと、非常に申し訳ない気持ちになった。
  1. 2008/01/29(火) 21:28:50|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

12/17

ということで、皆さんというほど見てる人はいないと思いますが、皆さんお久しぶりです。
長らく放置してしまいすみませんでした。
最近はやりたくないことをやらないといけない日々です。
やりたいことは山ほどある。待たせてる人もいる。
我慢しないといけないけど、気持ちの切り替えができない。
あと、或る事に多大な時間を無駄に費やした感もある。
あれで勉強になったとは思えないし。
  1. 2007/12/17(月) 22:27:24|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。