早くも堕ちた、若禿げの鬱日記

22歳にして人生堕ちました。 ここはそんな禿げの、毎日の鬱っぷりを晒して行く場所です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8/27

多分負けるであろう勝負に挑んできます。
特に受かりたいと言う気は今やほとんどありません。
そりゃあ勿論受かれば嬉しいですけど、受からなくても良いかという気もあります。
東京を楽しんできます。
それくらい少しは図太く強くなってみたいという願望込みで。
実際はどうなるのかは分からないけど。

それじゃあ逝って来ます。
スポンサーサイト
  1. 2006/08/27(日) 10:05:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

8/25

ぬアー、もう25になっちゃったか。

28に試験なんで、27には発たないといけないんですよ。
で、もう時間は無いですね。
勉強の方はというと、私の中でこれだけはやっとこうと言う最低限の事はやったつもりです。
過去問も目を通しただけだし、英語は捨ててます。
でも私の勉強は効率が悪いんだよな。
だから大学入試でも一浪したし。
全然身についてない可能性もある。

勉強時間はたった半月でした。
早めにやらなかった自分が悪いんですけどね、6月とかはずっとハゲで鬱ってました。
7月は自大の院試の勉強プラスハゲ。
それに何かと並行してやるのも下手だし取り掛かりいつも遅いんだよな。
準備と言うものに適さない要素の詰まった人間だな。


うーん、自分のブログだし、リアルの人は知らないから、脱線して自分の考えを書こう。

私は勉強は好きだ。
勉強がしたくて大学にも入った。
一浪して上を目指したのも勉強が好きで、高いレベル、刺激の中で勉強したかったからだ。
実際入って勉強できたのは幸せだったと思う。
3年生終わるくらいから、本格的にハゲで悩み始めて勉強から離れるまでは、楽しく勉強してたし、そのあとでもああ、やっぱり楽しいんだなとは思ってた。
だから幸せだったし、この環境を作ってくれた親には感謝している。

でも、勉強にはいつも「評価」というのが付いて回った。
小学生のころからだ。(今では幼稚園でもあるのか?)
流石にそのころは意識していなかったけど、受験と言うものに会ってからそれが嫌だった。
言ってしまえば今の自分は誰かを蹴落として勉強しているわけだ。
落ちたり受かったりするたびに感じてきた優越感と劣等感。
勝ったら勝ったで、負けた人に申し訳なさを感じてしまう、負けたら普通に劣等感と悔しさ。
どっちも嫌な気分だった。
勝とうが負けようが、私は勝負が嫌いなようだ。
しかしながらたった23年の人生でさえ「競争」の連続だった。
ずっと続くんだろう。
もしこの院試で勝っても次の競争で私はもがくのだろう。
勝ったら更に厳しい振るいにかけられる。
上には上があるのだ。
満足した所で止まる事は許されない。
止まったいら落とされるのだ。
勝っている以上無条件で上への勝負はやってくる。
常に試される。

「淘汰」が存在するのは自然の摂理なのは分かってるけどね。
それでもゆっくり勉強したいなといつも思う。
普段やってないのに試験前になって必死にやると面白さにようやく気づく。
いつしか勉強の楽しさをこんな形でしか感じれなくなった。
こうなったのも、
私は競争に勝つために勉強しているのかなぁ
という考えが根付いてしまったからだろうか。
切磋琢磨は良いけど潰し合うのは嫌だ。
誰かが勝って負ける。
そんなのはもう疲れた。
いや、矛盾を言ってるのは重々承知です。
大学入った時点で、競争する事を前提としているだろうから。

先日、物理学科の友人と話した。
彼の事は優秀だと聞いているし、実際そうだと思う。
本人はヤバイと言ってるが、院試も余裕で通るだろう。
でも、やっぱり試験をよくは思っていなかったらしい。
プレッシャーに押しつぶされそうになってた。
私が食事に呼ばれたとき、随分やつれて、もう限界のようで、誰かと話したかったらしい。
「こんな事に追われて勉強したくはない、もっとゆっくりとやりたい」
そう言っていた。
全くの同感であった。
当時、同じく孤独で発狂しそうになってた私も誰かと話せてよかったし、意見が全て合致していた。

昨日はほかの友人の発表があった。
3人とも受かっていた。
やっぱり皆で過去問とか相談出来て良いなと思った。
学部でやった事を、学部で一緒にやった人と復習できる。
出題者も授業を受けた先生達。
定期試験からも傾向つかめる。
院試の問題でどの先生が出したかも分かるくらいらしい。
まぁ落ちた俺が言うと良い訳にしかならないけどね。

とにかく物理の彼はそういう環境ではなく、寧ろ私に近い孤独だったようだ。
だから少し心配ではあるけど、学部でやった事が出るんだろうし、しっかりしすぎて不安になってたくらいだから大丈夫だろう。
彼にこそ受かって欲しいなと、切にそう思う。
ほんとに物理が好きなんだだと思うし。


さて、長々と書いたところで何も変わらないけど。
たぶん今度の院試で学生生活に終わりを告げることになると思う。
もともと自分の環境が嫌になって、研究科の違う研究室に行ったし、自分のやってた分野は他大学で出願した。
ほんとに研究に向いているのか、ほんとに研究がやりたいのか考えた事もない。
4年になっても何もしてないし。
それくらいなら、これ以上親のすねをかじるよりはどこか小さい所でもで技術者で雇ってくれるんなら、そこでお金を稼ぎながらやったほうが良いのではないか。
この歳にもなって一銭も稼がないのは、かねがね嫌に思ってた。
親はバイトより勉強と言う。どちらも出来ていなくて申し訳ありません。
だから落ちてもそれが私にとっては最良なのだろうと思う。
そろそろ責任(ちっぽけではあるが)というものを取る時なのかなと。

最後に悔いが残るのは、浪人までさせてくれて、そのうえ院進学を応援し、期待してくれていた親(特に親父は院卒なので切に希望していると思う。直接聞いたことは無いが。)に、学部入試と同じく、またもや答えてあげられなかった事だ。
本当に出来の悪い息子でごめんなさい。(見てるわけないからこそ書けます。)
  1. 2006/08/25(金) 10:15:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

8/22

気分の上がり下がりが激しい。
変な事考えてブルーになる。
周りのこと気にしたり。
逆に明るくなるには開き直るときぐらいだ。
そうでもしないとおかしくなるし、勉強にも身が入らない。
もう既に十分おかしいけど。
ただこう毎日長時間勉強していると何か悟りが開けてくるな。
何かが見えてくるような。
実際勉強が身についている居ないとは関係ない。
ただ一筋の光が・・・。

良い意味ではないけど、もしかしたら私はまたとない経験をしているのかもと、そうとさえ思えてくる。
この経験をしたからと言って、何か事態が好転するわけではないし、今後有益に働くとは思えないけど。
それでも稀有な経験ではあると思うのだ。

ただ脱線し始めている事は確か。
  1. 2006/08/22(火) 18:42:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

8/21

21か、怖いな。
落ちる所までどこまでも。
  1. 2006/08/21(月) 21:56:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8/17

最近ストレスからか、一気に進行がキテル気がする。
といっても鏡すら見てなく、手触りだけだけど。
10日前後出でけっこうくるもんなのかな。
若ハゲさんも数ヶ月のストレスで一気にきたらしいですけど、私も数ヶ月続けば同じようにるかも。
来年の今頃はプーで更に禿げちゃってるかな。

>>応援のコメント寄せてくださった方へ
応援ありがとうございます。
今必死こいてやってます。
落ちてから火がついた感じです。つまりはハゲを気にせずにってこと。
ここまでにならないと忘れられないほど粘着質な悩みなんだと思った、私にとっては。
でも今だけは、入学当初の勉強の楽しさを感じてやれてます。
勿論、モチベーションが上がる理由は他にもありますが。

とにかく今度のは過度に受かってやろうと言う気は無いです。
記念受験と言う気も無いですが。
ただ受験の問題解きを楽しくやりたいです。
そんな実力があるかは知らんが。

>>エキサイトしているコメントへ
終わったら私も参戦するので、それまでこのテンションでドーゾ。
  1. 2006/08/17(木) 18:50:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

8/13

何とか精神持ち直しました。
と言うか開き直るしかないのですけど。
さっき友人が会ってくれていろいろと聞いてくれました。
非常にありがたい事です。
そして私は駄目人間。
情けない人間である。
見てくれだけ装う。
どこかで大学に籍を置いていることにプライドとか固執があるのだろう。
落ちてみて分かった。
話しているときは泣きそうになってた。
彼ほど素晴らしい人間ではない。
女だったらお嫁さんに貰って欲しいほどだ。

とにかく今は院試が終わってから考えると言う気持ちだ。
この気持ちがどこまで持つか知らないが。
  1. 2006/08/13(日) 23:06:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

8/8,9

院試、落ちてました。
  1. 2006/08/11(金) 18:54:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

8/7

ついに明日か・・・。
どうなるのかは誰にもわかんない。
ここで書いても無意味、無益なので止めておきます。
けど、頑張ってみようとは思っています。


今日、無愛想な研究室の皆さん(皆さんといってもたった3人だけど)から、別れ際に明日頑張ってと言われてしまった。
素直に嬉しかった、目が潤んじゃうほど。
だってこれほど人に応援されたのは久しぶり(大学受験以来か)の事だったから。
そして頑張らなきゃと言う、やる気が変に出てしまった。
これが俺を駄目にする。
プレッシャーに弱いから期待されるとめちゃくちゃ緊張する。

そして、やっぱり辛かった。
皆さん良い人過ぎる、どんどん彼らに好意が芽生えて行ってる。
こんな人格者達と付き合っていい資格なんて俺には無い。
本当にここにあと2年も居たら迷惑になっちゃうな。
なるべくここをこのまま残して去りたい。
そのためにも頑張ろう。


コメントありがとうございます。
返信もせずにゴメンナサイ。
さっき貰った若ハゲさんのコメントには考えさせられました。
たぶん院試前日と言う事で、受ける前にこれだけは読んどけと、寄せて下さったのかな?
だとしたら本当に嬉しいです。
自分の立っている現状を、院試がそれだけ大事な岐路だと言うことを、言って下さったかと思います。
  1. 2006/08/07(月) 23:28:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

8/6

どうして何もせずに起きていられるんだ?
流石に何かしていないと駄目だろ。
分かってる、もう6日なんだから動かないといけないのは分かってる。
だけど駄目だわ。
風呂上り。
ボリューム無いし、掻き揚げる度に一本抜ける。
全体的に薄いんだな。
もう疲れた。
俺という人間の頭皮さん、あなたはもう抜けるしかないんですか?
何をしても聞(効)いてはくれないんですね。
何か少し開き直ってしまえた感じもした。
そして呆れ返り独り笑った。
もう精神が完全に参ってしまっているみたいです。

>>エドさん
BBQ楽しめるといいですね。
こんな建前のコメントしか言えなくってゴメン。
もっといろいろ言いたいけど、無理です。
ホントにごめん。
  1. 2006/08/06(日) 03:25:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

8/5

はぁ、もう5日も終わりか。
ニートだな、完全に。
先回の更新から何もしてない。
冗談無しに終わっとる。

明々後日だわ、院試。
こんな状態じゃあ落ちてもしょうがねーかもな、俺。
T大の勉強なんてゼロ。
完全に抜けまくっとる。
しかも泊まる所も決めていない。
母さん、もうそろそろ終わりたいんですけど、人生。
限界です。
  1. 2006/08/05(土) 23:13:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8/2

今日でひとつ歳を食った。
23。
まだまだ若ハゲの域を出ず。
こんな若さは要らない。
拷問かよ。

相変わらず親のすねをかじる毎日だ。
早く親に負担をかけずに生きれるようにならなければ。
死ねないのだからそうするしかないのだ。
親にはここまで育ててもらったのに本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだ。
あなたの息子はこんなろくでなしに育ちました。
こんなに死にたいと嘆く情けない姿だとは思ってもいないでしょうね。
こんな事なら大学に行くよりも高卒で就職したほうがよかったですね。
早く安心させられたでしょうから。
大学に独り暮らしさせるだけでもいくらかかるか。
親孝行すら出来るのか分かりません。
少なくとも孫の顔は見せる事は出来ません、ごめんなさい。
金銭的余裕くらいでしょうか?
テレビを覗けば齢19にして世界を制し、立派に親孝行をしている人がいる。
嗚呼、素晴らしいなと感動し泣いた。
それに比べて私は・・・。
そういう情けなさにも泣いた。
本当にゴメンナサイ。

今までの倍を生きても46。
46、髪は勿論、家族も居ないだろう。
30すら遠い未来に感じる。
人生長すぎだ。
私の一生なんて人類の歴史と比べてさえも、ほんの一瞬だと思いたいけど、それでも駄目だわ、長い。
生きていても恥じなだけだからと命を絶つ生命倫理観がありました。
「切腹」です。
ほんとに正しいと思います。
今やると自殺か、そんなの絶対におかしい。
そのうち精神が壊れそうだ。
何が怖いって、来週火曜に迫った院試の緊張感すら寄せ付けない事だ。
もう嫌だ、こんな人生も、俺という人間も。

これ書きながらずっとずっと泣いてました。

プールでなくなった少女、私が代わりになってあげたい。
これからの命なのに。
未来ある少女の命を奪うなら、私の命を奪ってくれ。
  1. 2006/08/02(水) 22:57:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。