早くも堕ちた、若禿げの鬱日記

22歳にして人生堕ちました。 ここはそんな禿げの、毎日の鬱っぷりを晒して行く場所です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7/20

そのとおりだね、ぬる過ぎるよ、うちは明らかに。
ずっとそうだと思ってたけど、君から直接言われて確信になったよ。
君はしっかり物事をいえてとてもしっかりしているな。
そして楽を望んだのは自分だからこの状況はしようがないけど。
出ようとはしたんだ、一応。
束縛力=0だもんねぇ。
自分を制御できているあの人は凄いよ、そして言うところは言う君も。
そういう人はここでも大丈夫だよ、多分僕だけなんだ。
僕が唯一やばいんだ。
甘い方に流れてきたやつがなぜ院に行く?
是最悪。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/20(金) 20:44:02|
  2. 未分類
  3. | コメント:5

7/12

この選択が正しかったのか良く分からない。
保守的な行動だったことは間違いない。

漠然としたまま聞かなかったこと。
勇気を出さなかったこと。
出来そうにないと思ったこと。
保守的になったこと。

怖い怖いといって逃げただけだろうな。

いつしか臆病になったなぁ
ただ後になって結果が分かってるから思える。
分かっていないなら?
えらそうにこんなこと言えない。

引いたのは、
確実性のためか、
争うのがいやで遠慮したからか、
臆病だからか、

本当にやりたいことなら知ってても行ってた。
それほどやりたいと思わないから譲った。
本当か?
やりたいけど、逃げてるんじゃないのか?

一人だったら行ってたか?
それじゃあ、で決めただろう。
怖くて臆病で逃げてる。

今のこの状態に至ったやり方を今も続けてるわけだ。
  1. 2007/07/12(木) 14:55:46|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

7/8

冴えない男。
自分は独り。
寂しがり屋。嫉妬深い。
強くならないと。
自分を殺して、感情を出さず、なるべく迷惑かけず。
これを通すには、外乱に流されやすい自分の性格はだめ。
ロバスト化が必要だ。
  1. 2007/07/09(月) 01:17:11|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。